天国ってどんなところ?

聖書は、主イエス・キリストを知って愛するすべての人々のために、天の御国と呼ばれる場所があるとはっきり教えていす。いうことです。天は、場所です。この言葉は、聖書の中で3つの異なった意味で使われています。まず、雲があるところを天と呼びます。創世記1:8 次に、星があるところも天です。 創世記1:17 さらに、神様のおられるところも天です。パウロは、そこを「第三の天」とか「パラダイス」とか呼んでいます。 2コリント12:2-4

天は、いつも「上」にあるものとして記されています。悪魔は イザヤ14:13-14で、「私は天に上ろう。」と言いました。私たちは、私たちの主が今も天におられることを知っています。イエス様は、死人の中からよみがえられ、骨肉のあるからだで天に昇り、栄光を受けた人々を天に伴われたのでした。 ルカ24:38-39, 51; 1 ペテロ3:22; へブル1:3

天の御国には、おびただしい数のクリスチャンがいます。なぜなら、真のクリスチャンは死ぬと、「肉体を離れて、主のみもとにいる」からです。 2コリント5:8 クリスチャンは、キリストと共にいることをこの上もなく喜んでいます。 ピリピ1:23

天の御国とはどんなところでしょうか。そこは、神様のもとにやってくるすべての人のために、神様が用意された場所です。全宇宙の創造主である神様が用意されたのですから、そこはとてもすばらしいところに違いありません。聖書を書いた記者たちは、その素晴らしさを言葉で尽くせませんでした。黙示録21:10-27で、ヨハネは天の御国の土台、城壁、門や通りを表現しようとしました。その美しい場所には、病気も悲しみも涙も痛みも死もまったくありません。 黙示録21:4 この罪にのろわれた地上での人生の悲しみと苦しみが終わると、私たちクリスチャンは、この「永遠の家」にいることになるのです。そして、何よりもすばらしいことは、主イエス・キリストがそこに共におられ、それが、すべてのクリスチャンの最高の喜びになるのです。